当日配送ができればビジネスも有利に!発送業務について考えよう|Best shipping
HOME>オススメ情報>当日配送ができればビジネスも有利に!発送業務について考えよう

ビジネスの困りごとは当日配送で解決

大事な書類を先方に届けたいなどという場合は、当日配送便を利用しましょう。バイク便などでタイムリーに届けてくれます。

当日配送について知ろう!気になるコトQ&A

どの地域でも発送可能ですか?

東京23区内や、札幌市内などエリアは限定されています。まずはお問い合わせください。

東京都区内で超特急で発送できる手立ては?

軽貨物カーゴ便やバイク便、自転車を用いたメッセンジャー便などを利用して、短時間で発送できる工夫を行っています。

どんな大きさのものでも当日配送可能?

書類封筒サイズのものはもちろん、ミカン箱程度の段ボールであれば対応可能です。

24時間対応可能ですか?

事前予約になる場合もありますが、24時間対応可能な業者もございます。

費用はどのくらいですか?

航空便・貨物便などの交通網を駆使した当日配送の場合は1通2万円台からの費用となります。

よく理解して注文しよう

配達員

当日配送とは、商品の発注を受けた業者がその日のうちに依頼先へ商品を発送することを言います。決して、注文した日に商品が届くことを保証することではありません。注文を受けた日に商品を発送すれば、荷物が到着する日は地域によっては当日に配達ができる場合もありますが、遠隔地であれば翌日以降の配達になります。

自社で実行すれば可能に

当日配送を可能にするには、物流センターを自社で完備し配送できる体制を構築する必要があります。また、自社で物流センターを完備できない場合は配送会社と緊密に連携する必要があります。緊密な連携ができなければ、荷物の配送には必ず注文した日の翌日でないと不可能となります。そこで、物流センターを持てない業者は配送会社に指定時間に荷物を持ちこむことを連絡しておき、当日配送の体制を維持することになります。そこで、顧客向けに当日配送を可能にするための受付時間をアナウンスしています。

便利さにはコストがかかる

また、当日配送を行うためには発送する業者も途中で荷物を配送している物流業者も余分なコストが必要となります。特に、通販の普及により宅配便の荷物の量が許容できない状態となっています。そこで、各業者は送料を上げたり、荷物の総量規制を行うようになりました。そこで、荷物を発送する業者は顧客へ当日配送以外の配送を選ぶと商品価格や送料を割り引くなどのインセンティブを提供するようになっています。また、顧客も最近の報道などから物流業界の状況を理解し、業者へ当日配送でなくても良いと意思表示をするようになり、当日配送に対する意識に変化がおきつつあります。

広告募集中